3D AERO LAYER
Combination Parka

SCROLL

+CLOTHETの21秋冬コレクションの中でも、自信をもってお薦めの今作「3D AERO LAYER Combination Parka(3D エアロレイヤー コンビネーションパーカ」
前身頃に、火星探査機や宇宙服の断熱材としてかつて使用していた「エアロゲル」を3Dプリンターによって繊維に固定した中綿を内蔵しています。

エアロゲルとは1931年に発明された地球上、最も軽量かつ低い熱伝導率を持った空気を多く含む構造体です。
エアロゲルを構成する物質の90%以上が空気で構成されているため、非常に軽量で高低温を遮断できる非常に優れた断熱性を持っており、その機能はかつて宇宙服や火星探査機などに応用されていました。

3D AERO LAYER™

Layer Combination Parka

前身頃には20デニールのコーデュラナイロンの合繊生地の中に、地球上で最も軽くて断熱性の高い固体であるエアロゲルを3Dプリンター加工によって繊維に固定し、熱伝導率の低い特性を活かした新しいタイプの中綿を入れる拘りの仕様になっています。

後身頃、袖、フードの生地にはアクリルウールのミラノリブを使用し、宇宙服にも採用された技術を兼ね備えつつ、上品なスポーティデザインでタウンユースな仕上がりになっています。

耐久性に優れたナイロン糸を使用

CORDURA® NYLON

前身頃に使用したナイロン生地はインビスタ社のCORDURA® NYLON(コーデュラ®ナイロン)糸を使用したタフタを採用。

コーデュラ®ナイロンは耐久性にすぐれたナイロンで、今回は20デニールという細番手の糸を高密度に織り上げました。
撥水性も付加し機能的でありながら薄手でしなやかなタッチも特徴。

※CORDURA® は、強度と耐久性に優れたインビスタ社のファブリックに対する登録商標です。

コーデュラナイロン×ミラノリブジャージ

3D AERO LAYERを内蔵した前身頃には耐久性の高い20デニールのコーデュラ®ナイロンタフタを使用。
後身頃、袖、フードにはミラノリブのジャージを使用。
運動量の多い部位にジャージを使用することで体への負荷を少なくして快適に着用することができます。
1枚だけでなくコートなどの下に着るミドルレイヤー(中間着)としてもお使いいただけます。

ジャケットをベースとした型紙

+CLOTHETのパーカーはジャケットの型紙をベースに作成しており、袖ぐりの形状や肩線、袖山のイセ、さらには背中に振込みを入れるなどテーラードジャケットの要素を取り入れています。

内ポケット仕様

腰ポケットの袋布を内ポケットとしても使用できるようにしたことで収納力をUPさせています。

3D Aero Layer Combination Hoodie Parka