シーズンのキーアイテムとなるプロダクトを、スタイリングを通じてご紹介する企画。今回は、数々のメンズファッション誌で活躍するスタイリスト・宮崎司さんをお招きし、アイテムごとにONとOFFの着こなしを提案していただきました。秋冬のワードローブづくりのヒントとして、ぜひご覧ください。




FABRIC

「●●●●●●●●●(生地名)」

帝人フロンティアの特別糸「ソロテックス®50デニール」を、北陸地方の工場で超高密度に織り上げました。
50デニールとは、従来女性のストッキングに使用されるような非常に細い糸。それを超高密度に織り上げることで、しっかりとした質感と滑らかな風合いと光沢感を備え、シワになりにくく撥水性にも優れた生地を実現しました。

※セットアップと同じ「ソロテックス」という名称ですが、より質感の良い生糸タイプを使用しています。

STYLING

軽やかなジャケパンスタイルに最適な一枚。

「黒のコートはグレーのスーツと相性が良いのですが、コートが滑らかな素材で仕立てられているので、柔らかな雰囲気のジャケパンスタイルに仕上げました。ウールのジャケット、セミワイドのドレスシャツ、トラディショナルなレジメンタルタイを合わせて上半身を固めにしながら、ドレスチノでややカジュアルダウン。足元にはチノの無骨さと相性の良い、装飾のあるダブルモンクストラップシューズを合わせてバランスを取りました」

オフスタイルで活用する鉄板コーディネート。

「コートをオフで活用するのであれば、パーカーとのレイヤードは鉄板かもしれません。パーカー選びは、重要で素材やデザインがドレッシーなモノを選ぶのがおすすめです。また、今回はインナーに長袖Tシャツを合わせている分、パンツに普通のジーンズを合わせてしまうと少しカジュアル過ぎてしまうので濃色のデニムスラックスを合わせました。比較的簡単にできる大人の休日スタイルですので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか」