Gabardine Easy Trousers

ハイツイストコットンイージートラウザー
強く撚りをかけた強撚糸を使用

SCROLL

こだわりの素材

HIGHTWIST COTTON GABARDINE

タテ糸、ヨコ糸ともに強力に撚りをかけた強撚の双糸を使用。さらにその糸をガス焼きして毛羽を最小限に落としています。
さらっとした肌ざわりとしなやかな風合いが特徴のこだわりの詰まった素材です。
通常強撚糸は薄手の生地に用いられるケースが多く、特に厚手の生地を織ることは非常に難易度が高いとされています。
高い技術力を持つ産地同士のネットワークがそれを実現しています。

高度な技術が駆使された

サイジング

通常サイジングとは生地を織る前にタテ糸に糊(のり)をつけて強度を与え織り易くする大事な工程ですが、強撚糸は糸の特性上糊をつけることができません。こちらの生地は糊を使用せずにサイジングを行うという高度な技術が駆使されています。
また、切れやすい強撚双糸をサイジングするために厳密な湿度管理が行われています。

産地の特徴を活かした

糸作り、織り、染色

サイジングされた強撚糸を常に一定のテンションを保ちながら、最新の織機を使って高密度に織り上げていきます。撚糸、ガス焼きから織り、染めまでを泉州(大阪)、浜松というそれぞれの産地の特徴を活かしたネットワークで繋ぎ、完成されたこだわりの生地です。

テーラー監修によるシルエット

五十嵐トラウザーズ代表 五十嵐徹氏

生地もさることながら、パターンは五十嵐トラウザーズ代表の五十嵐徹氏による監修。
人体の構造である骨格や筋肉にも考慮した五十嵐トラウザーズのエッセンスを取り入れることで
既成でありながら細く見えて動きやすいテーラーメイドに近い履き心地を実現。
またテーラーではあまり製作しないウエストゴムによりイージー仕様も魅力のひとつです。

イージートラウザー仕様

ウエストを絞るコードは外側だけでなく内側にも収納することができるため、オフスタイルではコードを外に出してカジュアルな装いに、オンスタイルでは内側に収納してベルトを通すことでビジネスな装いにとシーンに応じて変化させることができます。
ウエストゴムも両サイドにのみに使用しておりベルトを通すことで一見するとイージー仕様であることが分からないようになっています。

ウエストまわりのイセと極細玉縁

ウエストにイセを入れて丸みを持たせることでより身体にフィット。
イセとは・・・長短2枚の布の長い方を縮めて丸みやふくらみを出すこと。
3mmの細玉縁ポケットを採用することでカジュアルな素材もドレッシーな表情に仕上がっています。

パーマネントプリーツ加工

日常生活の中で雨や汗、歩行によってどうしてもあまくなるプリーツ。
今回のトラウザーには耐久性に優れたパーマネントプリーツ加工を施しており、常に美しいプリーツがキープできるようになっています。