Henley neck T₋shirts

人気のテーラードTシャツにヘンリーネックが新登場

SCROLL

インド Vardhman(バルドマン)社

1965年創業、インド最大の紡績グループの一つ「Vardhman Group」とDCH32という希少価値の高い綿を共同開発しました。

ハイブリッドコットンジャージ生地

DCH32原料から独特な光沢を持ち、柔軟性に優れた110番のサイロスパン糸に加工。さらには日本国内でガスの炎の中を高速度で通過させ(ガス焼き加工)、毛羽を落としてから、双糸に加工しています。

※サイロスパンとは、IWS(国際羊毛事務局)によって開発された特殊糸の一種で、双糸を精紡(せいぼう)する際に精紡と撚糸(ねんし)を同時に行う技術を意味します。独特な光沢を持ち、柔軟性に優れるのが特徴です。

上質な生地感、透けにくいクオリティ

変化を恐れず、信念を貫くものづくりで、常に時代が求める丸編ニット生地を世に送り出してきた
1934年創業の老舗国内ファクトリー「株式会社ヤマヨテクスタイル」。
テーラー仕立てにマッチする上質な生地感、透けにくいクオリティを目指して、程よく厚みのある天竺に編み上げました。
歴史と伝統に培われた独自技術と、確固たる生産力。「どこにもない」が、ここにあります。

今までよりも汗はしっかり吸収して、快適な着心地を保つ新しい機能素材

吸水性のある防汚加工

富士紡ホールディングス(株)が開発した、油汚れが付きにくく、付いても洗濯で落ちやすい加工「ワンダーフレッシュ®」を採用。
今までの防汚加工に比べて吸水性があるので、汗はしっかり吸収して、快適な着心地を保つのが特徴です。

ジャケットの下でもごわつかず、美しく映えるテーラーメイドのような仕立て

テーラー監修によるパターンメイキング

ジャケットと同じような袖の後付け仕様で前振りにされた袖は肩の形状や腕の可動域を考えて設計、縫製。
立体的な袖が身体にフィットしてスムーズな腕の動きを可能にします。

※袖の前振りとは・・・袖下の縫い目と脇の縫い目をずらすこと。

ジャケットの下でも美しく映える衿元

前あきボタンには高級ドレスシャツで使われる白蝶貝ボタンを使用。
ヘンリーネックでありながらもドレスシャツを意識して、第一ボタンを開けた時も閉めた時にも衿が綺麗に見えるように設計しています。

こだわりのアーム設計

肩線を後にずらし、袖山にイセを入れることで、肩甲骨の膨らみ、腕の稼働に伴うゆとりを確保しています。

+CLOTHETアイコン刺繍

左脇裾のスリット部分には+CLOTHETのアイコンでもある「+」マークを刺繍しています。

【Vardhman】Henley neck T-shirts