シーズンのキーアイテムとなるプロダクトを、スタイリングを通じてご紹介する企画。 今回は、数々のメンズファッション誌で活躍するスタイリスト・宮崎司さんをお招きし、アイテムごとにONとOFFの着こなしを提案していただきました。 秋冬のワードローブづくりのヒントとして、ぜひご覧ください。




FABRIC

「SOLOTEX® 2WAY STRECH」

これまで天然素材にこだわってきたブランドが、機能繊維「ソロテックス®︎」を取り入れたのには理由があります。
この繊維は、ソフトな風合い、ストレッチ性、形態回復性、発色の良さ、ソフトなクッション性など、従来のポリエステルやポリウレタン、ナイロンでは表現できない多くの特長を備えています。しかも、イージーケア&ウォッシャブルという、現代人のライフスタイルにぴったりな素材。ストレスを感じることなく、思いのままに動ける快適な着心地をお届けします。

STYLING

上質なポロシャツはノータイスタイルの味方。

「ビジネスコードの緩和により、ノータイに寛容な職場も増えています。そうは言っても、インナーには襟付きのものを取り入れる方がベターです。便利なのは上品な素材のポロシャツ。ジャケットとの相性が良く、清潔感のある印象を与えることができます。
ドレスシャツよりも軽やかなため、足元には紐靴ではなくブラウン調のローファーを選びました。首元が寂しい時には、このスタイルのようにニットを肩掛けするのもテクニックです」

素材で遊びを加えた、“よそいき”のスタイル。

「結婚式の二次会などのちょっとしたパーティやレストランデートに着て行けるオフスタイルを考えました。全体をネイビートーンでシックにまとめながらも、首元のスカーフとソックスに白を入れることで抜け感を演出し、重くなり過ぎないように意識しています。
また、ニットシャツやデニムスラックスなど、アイテム自体はドレッシーでも素材で遊びを加えることで、オフスタイルらしい軽やかな印象に仕上げているのもポイントです」