TOMOYOSHI TAKADA&+CLOTHET COLLABORATION PROJECT

ファッションクリエイター高田 朋佳氏をお迎えして、新たなコラボレーションプロジェクトが始動します。

今回選ばれたアイテムはサファリジャケットとパンツのセットアップ。これまでクロスクローゼットでは展開していなかったNEWアイテムです。
クラシックからカジュアルまで造詣が深い氏と、テーラードをベースに世界中の上質な生地を使ったアイテムを展開する「クロスクローゼット」の共演。商品が生み出されるそのストーリーを紹介していきます。




高田 朋佳 Tomoyoshi Takada

- Profile -
1982年 東京都出身
セレクトショップ『BEAMS』のドレス部門でバイヤーとして6年間活躍。
現在はファッションクリエイターとしてシンガポールのセレクトショップ『COLONY CLOTHING』のクリエイティブディレクターや、イタリアの人気トラウザーズブランド『BERWICH』のクリエイティブアドバイザーを務めるなど、ワールドワイドに活躍中。
Instagram のフォロワーは9万人を超え、ファッションインフルエンサーとしても世界中から注目を集めている。

Instagramはこちら
YouTubeチャンネルはこちら

 

第一回目は高田氏にアイテムや素材選定への想いを語っていただきました。




今回なぜサファリジャケットを+CLOTHETとのコラボレーションアイテムに選ばれたのですか?

いわゆるスーツを着用する方が減ってきて、そのかわりにカジュアルなセットアップを着る方が増えている印象です。その中でファッション的にも着て楽しいアイテムを作りたいと思ってサファリのセットアップにしてみました。

サファリって都会で着ると一見合わないような感じがしますが、街中のビルをサファリに見立ててじゃないですけど、機能性のあるウール素材で都会に合うセットアップができればなと思い、企画を提案させてもらいました。

+CLOTHETさんの扱われている生地には機能性のある素材が多いので、サファリってアイテムとしても機能がいくつもあるので、なおかつ生地にも機能性素材を使うのがいいかなと考えて素材選定も行いました。




サファリと言えばざらっとした質感や凹凸感のある素材がかっこいいんですが、今回は通常サファリでは使わない素材をピックアップしてみました。

特にこのウールとソロテックスを異色で組み合わせたソラーロ(シャンブレー)の光沢感が都会にも映えるんじゃないかと思って選びました。最初に決めたカラーも実はグレーで、サファリっぽくないのですが、一番都会に映えるカラーと思って選びました。あとはネイビー、サファリと言えばのカーキグリーンもチョイスしています。

実はこのTECHWOOL®シリーズは以前から気に入っていまして、僕がクリエイティブでイレクターを務めるシンガポール発のブランド、コロニークロージングでも別の生地を使わせてもらっていたんですよ。





高田さんと言えばクラシックな素材を着こなされているイメージで、機能性素材を選ばれたのは少し意外だったのですが

そうですね。実際僕も飛行機で移動したりする際は、機能素材のパンツを穿いたり、コロニークロージングでもJETSETをテーマに商品構成したりしています。

時と場合によって素材は使い分けるべきだと思っています。クラシックの世界はどうしても天然素材至上主義が強い部分もあるのですが、機能素材はどんどんクオリティもUPしていますし、天然素材とはまた違う魅力があると思うので、どんどん新しいモノを発掘して、皆さんに伝えていけたらと思っています。

サファリジャケットはドレスアップもできますし、それこそサファリの名の通りジャングルにも着ていけるような、かなり汎用性の高いアイテムなので、そういったセットアップでTシャツでもいいですし、シャツにニットタイでタイドアップもいいですし、いろんなシーンで楽しんでいただければいいなと思っています。




第二回目のファーストサンプルUP後の打ち合わせ風景コンテンツはこちら